飲食店のホームページ作りで
押さえておきたい5つのステップ

以前「ネット予約が主流の今こそ、もう一度ホームページについて考えてみる」でホームページの位置づけについてお伝えしましたが、今回は飲食店の集客に効果的なホームページ作りについて、集客コンサルタントの小形洸太さんにお話を伺いました。まだホームページがない会社や自己流に作ってみたものの正解がわからないという方向けに、ホームページ作り・見直しにおける具体的なステップについてお伝えします。

取材にご協力いただきました
小形洸太(おがた こうた)さん

マーケティングプロデューサー。集客コンサルタント。
本物の価値を提供する事業者のマーケティング面をサポートするプロデュース業をメイン事業としている。
飲食店、歯科医院、小売店などサポート実績多数。

ホームページ作りに必要な5ステップ

1.お客様像を作る
2.   ホームページの目的を整理する
3.必要コンテンツ・機能を決める
4.業者を選ぶ
5.コンテンツを増やす

1. お客様像を作る
まず大事なのは「誰に向けて発信するのか」を決めることです。お客様アンケートを行い、お客様が「どんな人で」「どこで情報を得て」「どのような点に興味を持っているのか」等を洗い出し、それを基にお客様像を作ってみましょう。この先作るホームページの内容が「八方美人」なものにならず、かつ絞り込みすぎたものにならない目安としては、5パターン程度のお客様像を作ることお勧めします。アンケートで得たキーワードをTwitterなどで検索してみるとキーワードに関連する情報が得られ、お客様像をより具体化するのに役立ちます。

2. ホームページの目的を整理する
次に「なぜホームページを作りたいのか」を明確にすること。認知度を上げたい、予約率を上げたいなど、「集客」に至るまでの過程のどこを強化したいのか考えましょう。一人で考えられない場合はコンサルタントに相談してみるのもおすすめです。ミラサポエキスパートバンクなど、低コストで相談できる公的サポートを活用するのもよいでしょう。

3. 必要コンテンツ・機能を決める
目的が明確になったら、その目的を達成するための手段としてどのようなコンテンツや機能が必要か考えましょう。たとえば認知度UPを狙いたいならページを増やして記事コンテンツを入れることが有効で、そうなると使用するプラットフォームも限定されてきます。
このようにコンテンツは目的に応じて決まるので、くれぐれもいきなりコンテンツから考え始めるのはやめましょう。

4. 制作会社を選ぶ
業者を選ぶ際は必ずその業者が過去に手掛けた事例をスマホで見るようにしてください。スマホに最適化した画面になっているか、ページの表示に時間がかかりすぎていないか、予約サイトまでの導線がスムーズか、などのお客様視点でチェックするのがお勧めです。費用については年間売上にもよりますが、30万~50万円ぐらいが目安です。このとき、写真撮影が含まれているかどうかについても必ず確認しましょう。また、制作会社の言うことを鵜呑みにすることも危険です。ミラサポで相談するなど、第三者の専門家の意見も参照するようにしましょう。

5. コンテンツを増やす
ホームページは作ってからがスタートです。作ったページへの流入を増やすため、検索キーワードに合わせた記事をたくさん作ってページを増やしていきましょう。このとき、自分が発信したい内容ではなく、最初に設定した「お客様像」が知りたいことに沿って記事を作ることが大事です。慣れないうちはコンテンツ制作会社に相談するのもよいでしょう。

同じキーワードを含む
記事を探す

Yuna Park(ユナ・パク)
この記事は私が書きました
Yuna Park(ユナ・パク)さん

教材・結婚情報誌の編集・企画業務を経て、サンフランシスコのUXデザインコンサルティング会社で社内外のコンテンツマーケティングの統括責任者を務めた経歴を持つ。現在は独立しライター・マーケティングコンサルタントとして活動中。

キーワードから探す

トップに戻る