賢い経営者は知っている
「つなぎ融資」の上手な使い方

「現金払いしか対応してもらえない設備を購入したいが、今は手元に十分な資金がない…」「入金の目途は立っているが、先に出金タイミングが来てしまい一時的に資金が枯渇してしまう…」。このように、経営者であれば誰しも突然資金が必要となる経験があるのではないでしょうか。
今回は、そのような際に使い方次第で経営者の強い味方となる「つなぎ融資」について考えてみましょう。

「つなぎ融資」も視野に入れたい、
中小企業に起こりがちなケースとは?

中小企業経営においては、どのようなケースで緊急の「つなぎ融資」ニーズが想定されるでしょうか。ここで業種別に、いくつか例を挙げてみましょう。

宿泊・飲食業ー運転資金ニーズ
美容業ー設備資金ニーズ
不動産業ー運転資金ニーズ
全業種ー運転資金ニーズ

銀行など一般的な金融機関は「つなぎ融資」に対応できる?

不動産の売却資金など、近い将来、返済の目途がほぼ見えている状況であっても、金融機関は最低限必要なプロセスを省略できません。提出書類やヒアリングに基づき、資金使途や借入れ額の妥当性の検証、返済の確からしさ、そのリスクに見合った金利の設定などを検討し、社内稟議書を上げ、しかるべき決裁を経ないと融資は実行されません。
上記プロセスには、既存取引があり、事業者・金融機関双方の理解が進んでいるケースでも、最低2週間はかかると想定しておいた方がいいでしょう。新規で取引を依頼する金融機関であれば、2週間をはるかに超える期間が必要になることは言うまでもありません。

「つなぎ融資」を賢く利用するために
知っておきたい心構えとコツ

  • 何のために」「いくら」「どれくらいの期間」を明らかにしておく

「とりあえず余裕を持っておきたい」という理由では、多くの金融機関は融資してくれません。経営者として会社をどう成長させたいのか? その過程でなぜ資金が必要なのか? どの段階でいくら必要になるのか? いつ返せるのか? これらを頭の中できちんと整理し、常に明快に説明できるよう準備しておくことが肝要です。

  • 様々な借入れ手段へのアンテナを張り、複数の選択肢を持つ

ノンバンク系の民間ローンや国の制度融資など、世の中には様々な資金調達手段が存在します。『パートナーズローン』のように、事業計画書などの書類提出が不要でも最短即日入金、いつでも返済可能といった柔軟性の高い借入れ手段も発展してきています。視野を広げて、様々な選択肢を比較しながら最適な資金調達をしていきましょう。

  • 金利への感覚を磨く

民間ローンは全般的に金利が高めです。ただし、「つなぎ融資」の場合は短期で返済することが前提となりますので、実額としての利払いはそれほど大きくならないケースが大半です。金利(%)以上に実際に自社が払う実額に意識を向け、賢い選択をしていきたいものですね。

同じキーワードを含む
記事を探す

森 暁郎(もり あきお)
この記事は私が書きました
森 暁郎(もり あきお)さん

慶應義塾大学経済学部卒業。コロンビア大学経営大学院修士課程修了(MBA)。メガバンクの赤坂支店で中小企業向け融資を担当。その後NY支店にて買収ファイナンス等に従事。MBA取得後はGE Japanにて大型の買収案件を手掛けた後、現在は社会人向けの経営大学院にてカネ系科目の教員を務めながら、複数の中小企業の経営に参画。

キーワードから探す

トップに戻る