中小企業の資金調達方法とは?
基本的な知識を身につけよう

企業が事業活動を行うためには資金が必要ですが、資金を調達することは簡単なことではありません。本記事では、中小企業が資金調達を行うにあたり、身につけておきたい基本的な知識について解説します。

中小企業の資金調達事情

事業を回していくためには、何らかの方法で資金調達をしなければなりません。自己資金で会社を運用しようにも資金には限りがあり、友人・知人からの援助を受けられたとしても、それだけですべてを賄うことは難しいでしょう。
社会的な信用度が高い大企業は、金融機関との関係性も強い傾向にあります。一方で、大企業に比べると知名度がまだ低く、潤沢な資金がないこともある中小企業は資金調達方法に悩むことも多いでしょう。本来は頼れるはずの金融機関も、融資に対して消極的な面があるのが実情ではないでしょうか。
しかし、中小企業も正しい資金調達方法を身につければ、資金調達をめぐるトラブルを回避し、安定的に事業を展開することは難しくはありません。

3つの資金調達方法

それでは、資金調達の方法を確認しましょう。資金調達には3つの方法があります。

企業の資金調達方法
  • デットファイナンス

金融機関からの借入れや社債の発行により資金を調達する方法です。貸借対照表の負債(Debt、デット)を増やすことで資金を調達することから、デットファイナンスと呼ばれています。中小企業は社債の発行が難しい場合が多いため、「デットファイナンス=融資」と考えて良いでしょう。融資は金融機関からの借入れに依存する場合と、金融機関以外のノンバンクの融資制度を利用する場合の2つに大別されます。

  • エクイティファイナンス

投資家からの出資を受け入れて資金を調達する方法です。貸借対照表の株主資本(equity、エクイティ)を増やすことで資金を調達します。ベンチャー企業やスタートアップ企業は、エクイティファイナンスへの依存度が高くなる傾向にあります。

  • 助成金・補助金、クラウドファンディング

国が中小企業支援に力を入れていることもあり、助成金や補助金は重要な資金調達方法になっています。助成金・補助金といった資金調達方法は、貸借対照表の資本の部には反映されない資金調達方法です。うまく使えば、設備投資負担を抑えて成長戦略を描くことができるはずです。また、助成金・補助金以外の資金調達方法として、クラウドファンディングも一般化してきました。地域貢献度の高い事業を展開する場合は検討しても良いでしょう。

中小企業の場合は、投資家が経営に参画する可能性のあるエクイティファイナンスに対してデメリットを感じやすく、デットファイナンスによる資金調達が一般的です。デットファイナンスを利用した上で、助成金や補助金等の制度を必要に応じて活用することが中小企業の賢い資金調達方法と言えるでしょう。

デットファイナンスのメリットとデメリット

  • メリット

デットファイナンスのメリットは、他の資金調達方法と比較して資金が得られやすい点にあります。しかし、経営難に陥っている場合や社会的信用度が低い場合は、銀行等の金融機関から融資を引き出すのは難しいとあきらめている場合も多いのではないでしょうか。
金融機関が融資に応じない場合などは、ビジネスローン等ノンバンクの融資制度を利用することも検討してください。最短で即日融資、かつ無担保・無保証、代表者保証不要で資金を得られることもあります。銀行などの金融機関だと申込みから融資実行まで1カ月ほどかかってしまうのが一般的ですので、少額をスピーディーに受取りたい場合などにはノンバンク系の商品が最適と言えるでしょう。
また、金融機関を使った場合でもノンバンクを使った場合でも、金利は営業外費用に計上することができるため、課税所得の減額を通じて税金の支払額を減らすことができます。節税効果を得ることができることも、デットファイナンスのメリットであると言えるでしょう。

  • デメリット

他の資金調達方法と比較した場合、金利負担や返済を求められることがデメリットです。このため、資金繰り表を作成し、計画的な資金運用を行わなければなりません。

助成金・補助金、クラウドファンディングのメリットとデメリット

  • メリット

事業運営や設備投資での負担を減らすことができる点がメリットです。調達した資金は返済の必要もありません。クラウドファンディングの場合は、資金を得るだけではなく、ファンの獲得を通じて固定客を確保できるというメリットもあります。

  • デメリット

自社に使える助成金や補助金の情報が得られにくいことがデメリットです。クラウドファンディングの場合も、よくわからないというのが実情ではないでしょうか。正しい情報が入手できれば有用性の高い資金源となりますが、情報がなければうまく活用することは難しくなります。

資金調達手段が限られていた中小企業ですが、近年は選択の幅が増えています。
まずは資金調達について正しい知識を身につけ、その上で自社に最適な方法を選択するようにしましょう。

同じキーワードを含む
記事を探す

香川 大輔(かがわ だいすけ)
この記事は私が書きました
香川 大輔(かがわ だいすけ)さん

1974年大阪府生まれ。2015年4月中小企業診断士登録。製薬会社の医薬品分析やベンチャー企業での勤務を経て、ITベンダーで提案型のシステム営業として勤務、数多くのシステム提案実績を持つ。現在は企業内診断士として、地域に根差した経営支援や執筆活動、セミナー講師の他、アナリストとして企業レポートの分析や執筆も行っている。

キーワードから探す

トップに戻る