「融資」とは?
言葉の正しい意味を知って、融資制度を理解しよう

資金調達の方法として、真っ先に検討することが多い融資。企業を経営する上では切っても切り離せない方法ですが、融資には様々な種類があります。本記事では、融資の種類やそのメリット、デメリットについて解説します。

銀行から受けることができる融資制度

融資と聞くと、まず銀行を連想するのではないでしょうか。融資を受けるためには、まずは身近な銀行へ相談に行くのが良いでしょう。銀行からの融資であれば金利を低く抑えることができます。出資やノンバンクからの融資と比べると、銀行からの融資は利息や配当金など、資金を調達するために必要となるコスト、いわゆる資本コストがもっとも低いと考えて良いでしょう。
しかし、銀行から受けることができる融資にも種類があり、金利負担額は異なります。まずは、銀行から受けることができる融資の種類について理解しておきましょう。

  • プロパー融資

銀行が行っている融資制度の一つで、信用保証協会などの第三者機関の保証等がなく、銀行の責任で融資を実行します。融資額の上限がないというのも特徴です。プロパー融資を受けるためには、かなり厳しい業績や財務内容などの審査があります。なぜなら、事業者が返済できなくなった場合に肩代わりしてくれる第三者機関がおらず、銀行自身が100%リスクを背負わなくてはならないからです。リスクが少ないと判断できる事業者にしかプロパー融資は実行されません。銀行が重要視するのは、「過去」の財務データです。債務超過に陥っていないことはもちろんのこと、毎年黒字経営を続けているなど、業界標準以上の財務体質が求められます。なお、銀行は融資審査の際、「将来性」は重視しません。「過去」の財務データに着目しますので、将来性のあるベンチャー企業やスタートアップ企業は、融資ではなく出資により資金調達を検討する必要があります。
事業者としては、まずは金利負担が軽く、融資限度枠もないプロパー融資を引き出すことを念頭に置く必要がありますが、プロパー融資を受けるハードルは非常に高いことも覚えておきましょう。

  • 保証付き融資

プロパー融資を受けることが難しい場合は、保証付き融資を検討しましょう。
保証付き融資とは、事業者が返済できなくなった場合に、第三者が銀行に対して返済を肩代わりしてくれることを前提とした融資制度です。ここで言う第三者とは、金融円滑化のために設立された公的機関である信用保証協会やノンバンクが該当します。
保証付き融資を受けるためには、信用保証協会やノンバンクが求める保証料が上乗せされた金利を支払う必要があります。このため、プロパー融資と比較して融資を受けられる可能性が高いものの、金利負担は重くなってしまいます。プロパー融資を優先的に利用し、プロパー融資の枠が限度額に達した場合に保証付き融資を活用できると良いでしょう。

  • 政府系銀行からの融資

創業間もない場合や銀行からのプロパー融資を受けられない場合に検討したいのが、政府系銀行からの融資です。政府系銀行は、民間の金融機関を補完する目的で設立された公的な銀行です。プロパー融資に比べると審査は厳しくありませんが、融資の枠に上限が設定されています。

  • 担保付き融資

銀行から融資を受けるために、担保が必要となることも少なくありません。「不動産担保融資」などが代表例として挙げられます。その他にも、金銭消費賃借契約書を取り交わすことが前提の「証書貸付」、手形を差し出して融資を受ける「手形貸付」など、金融機関によっては様々な種類の融資が用意されています。

融資と投資・出資の違い

資金調達をする場合、融資と並んで比較されることが多いのが投資や出資です。投資や出資を受ける場合は、返済の必要が無い資金を得ることができます。必ず返済が求められる融資と比較すると、投資や出資を受けた方がお得であると考える方も多いでしょう。
しかし、融資と投資・出資にはそれぞれ特徴があり、一長一短と言えます。ここでは、投資や出資と比較した場合の融資のメリットとデメリットについて解説していきます。

  • 融資のメリット

出資は、返済する必要がない資金調達方法です。出資者は株主になり、保有する株式数に応じて出資者が経営権を握ることになります。一方、金融機関から借入れる融資の場合、返済の義務は生じるものの、いくら融資を取り付けても経営権を他者に握られることはありません。
また、投資や出資の場合は株主に配当金を支払う必要があり、その金額が金利より負担が重くなることがほとんどです。出資者からみると、返済が保証されない分、そのリスクを配当金で穴埋めする必要があるわけです。
また、投資や出資と比べると比較的低コストで簡単に資金調達できることも融資のメリットです。投資・出資に応じてくれる資金の出し手を見つけることは簡単ではありません。特に大企業に比べて知名度の低い中小企業の場合、出資を募るのは難しいでしょう。

  • 融資のデメリット

投資・出資と比較して、融資の最大のデメリットとなるのは返済の義務です。資金繰りを十分に管理した上で、綿密な返済計画を練ることが求められます。
さらに融資の場合、会社の将来性は重視されず、過去の実績が評価される点にも注意が必要です。投資・出資ならば、赤字でも将来性があれば資金調達できる可能性があります。しかし、銀行の場合は、過去の財務状況が悪ければ、今後の成長期待は加味されず、融資を受けられない可能性が高いのです。
連帯保証人の問題も融資のデメリットと言えるでしょう。融資を受ける際、社長が連帯保証人となることは少なくありません。こうなると、万が一、会社が倒産した場合には社長も自己破産し、家や車を手放す羽目に陥ってしまうことがあります。

多様化するノンバンクによる融資

ノンバンクとは、銀行ではない金融機関のことです。ノンバンクが行う融資のことをビジネスローンと呼ぶこともあります。ノンバンク融資には以下のような特徴がある場合が多いです。

  • 審査に必要な書類が少ない
  • 金利が比較的高い
  • 融資総額が少ない

近年はノンバンクも多様化しています。最短即日融資が可能な商品も出ており、急な設備故障や従業員の退職による資金ニーズに備えてノンバンクを検討しても良いでしょう。銀行融資の場合は、審査に時間がかかるため、急な資金需要には対応しづらいのが実情です。
また、オンライン上で申込み手続きが完結するものだと紙での書類提出や来店も不要なため、銀行融資に比べ圧倒的に利便性が高いという利点もあります。銀行融資とあわせて、ノンバンクによる融資も検討してみてください。

知っておきたい制度融資

ここまで、融資の種類や投資・出資との違い、銀行とノンバンクの違いについて説明してきました。融資には、もう一つ覚えておいた方が良い制度があります。それが制度融資です。制度融資とは、地方自治体や民間の金融機関、そして信用保証協会などが連携して行う融資のことで、一定の条件を満たすことで通常の融資よりも有利な条件で資金調達をすることができます。中でも創業融資が代表的ですが、その他にも災害時の支援や海外展開支援など、自治体によって準備されている制度融資は異なります。
制度融資には以下のような特徴があります。

  • 審査が比較的通りやすい
  • 金利が低い
  • 上限額が設定されている
  • 手続きに時間がかかる

事業展開する地域にどのような制度融資があるのかを調べて、制度融資が求める条件に適合する場合は積極的に使えると良いでしょう。

【制度融資の一例】
・地方自治体の制度融資
http://www.sangyo-rodo.metro.tokyo.jp/chushou/kinyu/yuushi/yuushi/
・信用保証協会
http://www.cgc-tokyo.or.jp/

多くの場合、事業を展開する上で融資を受けることは避けて通れません。しかし、経営が傾き、やむを得ず借入れに依存するような状態では金融機関からの融資は期待できません。普段から金融機関とは良好な関係性を築き、場合によってはノンバンクを活用することで資金調達を行うような資金繰り術が経営者には求められるでしょう。

同じキーワードを含む
記事を探す

香川 大輔(かがわ だいすけ)
この記事は私が書きました
香川 大輔(かがわ だいすけ)さん

1974年大阪府生まれ。2015年4月中小企業診断士登録。製薬会社の医薬品分析やベンチャー企業での勤務を経て、ITベンダーで提案型のシステム営業として勤務、数多くのシステム提案実績を持つ。現在は企業内診断士として、地域に根差した経営支援や執筆活動、セミナー講師の他、アナリストとして企業レポートの分析や執筆も行っている。

キーワードから探す

トップに戻る