資金繰り表作成の基本をマスターしよう

経営者にとって事業を継続的に運営していくためには、資金繰り業務が重要な位置づけを占めます。しかし、資金繰り表を作成していない経営者も多いのではないでしょうか。今回は、資金繰り表の作り方について解説します。

「資金繰り表」はなぜ必要?

資金繰りとは、必要な時に必要な資金が使える状態にするために、資金を適切に管理することです。それでは、資金繰り表は経営になぜ必要なのでしょうか。
資金繰り表を作成することで受けられるメリットは複数ありますが、大きくは想定外の資金不足が発生する事態を防ぐことができる点にあるでしょう。企業は組織で事業を展開する都合上、様々な部署で様々な資金ニーズが発生します。そのため、どの部署やどの事業でどれだけの資金が必要になるのか、資金繰り表なしで把握することは困難を極めます。資金繰り表がない場合、「想定外」の資金ニーズが発生することもあります。
「想定外」を回避し、資金ニーズを「想定内」として事業を展開するためにも、経営者にとって資金繰り表は必要不可欠なものなのです。
想定外なタイミングで資金がショートすると取引先への支払いが遅れたり、金融機関への返済ができなくなります。ときには、家賃などの固定費の支払いが遅れたり、税金の支払いができなくなったりすることもあるかもしれません。資金のショートはすべて社会的信頼の低下に直結する恐れがあります。
資金繰り表を活用して自社の資金を可視化することで、懸念を事前に察知し、社会的信用の低下を未然に防ぐことができるのです。

また、資金繰り表は、黒字を確保しているにもかかわらず倒産してしまう、いわゆる黒字倒産を回避することに役立てることができます。
黒字倒産は、市場のニーズが高く成長期待の大きい企業で発生します。市場のニーズが高いがゆえに、手元資金がない中で大量の仕入れや在庫を保有することが原因となります。通常の企業間取引では、売上計上前に仕入れや在庫、人件費といった運転資金が必要です。運転資金のことを考慮に入れないと、売上を計上して入金がされる前に大量の仕入れや在庫保有をしてしまい、資金がショートしてしまうのです。資金繰り表を作成することで、将来の資金の流れを把握することができます。資金の流れを把握することで身の丈に合った事業を展開し、黒字倒産を避けることができるでしょう。

資金繰り表作成のポイント

経営者の資金繰りを円滑にするための強力なツールとなる資金繰り表ですが、具体的にどのように作成すればよいのでしょうか。

  • 「経常収支」「設備収支」「財務収支」に分けて作成する

・経常収支
事業活動の中でどのような資金繰りになるのかを示すものです。経常収支が赤字の場合は、事業活動以外から資金調達をしなければなりません。つまり、金融機関から融資を得るなどの資金調達を考える必要があるということです。

・設備収支
設備投資や設備の売却により資金繰りにどのような影響があるのかを見るものです。設備投資を経常収支から得た資金で賄うことができるのであれば、自己資金のみで投資ができることを表します。

・財務収支
金融機関からの借入れや返済が、資金繰りに与える影響を見ることができるものです。金融機関は、経常収支と財務収支からその企業の返済能力を確認します。

  • 資金繰り表のテンプレートを活用して作成する

資金繰り表はExcelがあれば簡単に作成することができ、インターネットで検索すれば資金繰り表のテンプレートを入手することも難しくありません。特におすすめしたいのが、金融機関が準備しているテンプレートを活用することです。ホームページなどからダウンロードできなくても、日頃から付き合いのある金融機関に相談に行けば貰えることもあります。こうした資金繰り表を使えば、融資を引き出しやすくなりますので積極的に活用しましょう。

資金繰り表サンプル
資金繰り表サンプル

経営計画や売上予測から資金繰り表を立てる

資金繰り表が今後の資金繰りの状況を整理しまとめたものである以上、数値根拠となるデータや説明が必要となります。希望的観測では意味がなく、将来の数値根拠を示すことが大事です。

将来の数値は、今後行う新規事業や経営改善策、需要動向に依存します。新規事業や経営改善策、需要動向といった経営の方向性をまとめたものが経営計画です。経営計画に基づく資金繰り表は、説得力のあるものになります。
経営計画の作成が難しい場合は、売上をセグメントに分けて売上予測を立ててみましょう。顧客や商品といったセグメントに分けて、それぞれが今後どのような動きになるのか予測し、売上予測に基づいて仕入の予測を立ててみてください。そして、売上予測に基づき資金繰り表を作成すれば、資金繰り表の信頼性を高めることができるでしょう。

同じキーワードを含む
記事を探す

香川 大輔(かがわ だいすけ)
この記事は私が書きました
香川 大輔(かがわ だいすけ)さん

1974年大阪府生まれ。2015年4月中小企業診断士登録。製薬会社の医薬品分析やベンチャー企業での勤務を経て、ITベンダーで提案型のシステム営業として勤務、数多くのシステム提案実績を持つ。現在は企業内診断士として、地域に根差した経営支援や執筆活動、セミナー講師の他、アナリストとして企業レポートの分析や執筆も行っている。

キーワードから探す

トップに戻る