経営者なら知っておくべき、資金繰りの基本

企業の規模の大小に関係なく、事業を継続するためには資金繰りが必要です。資金がショートすると企業は経営に行き詰まり、場合によっては倒産してしまうこともあります。経営者が最低限身につけておきたい資金繰りの基礎知識について解説します。

資金繰りとは?

資金繰りとは、入金と支払いにともなう資金の流れを適切に管理することです。資金繰りでいう資金とは現金や預金など、すぐ支払いに利用できる現金同等物を指します。血液の流れが止まると人間が死に至るように、資金の流れが止まると企業は事業継続ができなくなります。資金繰りは持続的な事業活動を推進していくために必要で、経営者が担うべき最も重要な業務の一つと考えて良いでしょう。

資金繰りを行うにあたっては、資金使途についても押さえておきましょう。資金使途は以下の2つに大別されます。

  • 運転資金

売上を計上し入金されるまでの間に必要となる仕入れや在庫、人件費などに充てる資金のことです。仕入れを現金払いとし、売上は掛け払いとして取引しているような企業の場合、現金化できるまでのサイクルが長くなってしまうため、運転資金が枯渇しやすくなります。運転資金は金額が小さく、必要となる期間も短いことがほとんどです。運転資金を金融機関からの借入れに依存する場合は、1年以内に返済する必要がある短期借入金となる場合が多くなります。

  • 設備資金

事業を拡大させる場合や老朽化した設備を交換する場合に設備資金が必要になります。設備資金とは土地や建物、機械、車両などを購入するために必要な資金です。一時的に必要な資金であることがほとんどですが、金額が大きくなりやすいのが特徴です。設備資金を金融機関からの借入れに依存する場合は、返済期間が1年超の長期借入金となる場合が多いのが実情です。

資金と利益の違いとは?

資金と利益は全く異なります。資金とは、今後必要となる設備投資や運転資金として必要となる現金のことです。
一方で利益とは、過去に発生した売上と費用に分類される取引の結果、「売上-費用」で算出される金額のことです。費用には現金取引とは関係のない減価償却費などが含まれるほか、売掛金や買掛金といった掛け取引も考慮に入れられません。このため、利益がたくさん出ていても手元に現金がないということはあり得ます。利益が出ているということと、手元に資金があるということは全くの別問題なのです。
当然、決算書があるから資金管理をしなくて良いという考え方も間違いです。経営者は決算書を正しく作成しながら資金繰りにも気を配り、資金が枯渇しないように注意を払う必要があるのです。

資金繰りが悪化する原因とは?

それでは、資金繰りが悪化する原因として、どのようなものが挙げられるでしょうか。

  • 入金と支払いサイクルのズレ

企業が事業展開する上では、業種や業態によって違いはあるものの、入金と支払いの時期にズレが発生します。製造業であれば、売上を計上し入金がなされる前に、原材料を購入し人件費を負担しなければなりません。小売業であれば顧客に販売する前に商品を仕入れ、店の家賃を負担し、プロモーションを展開する必要があります。多くの事業では入金前に支払いが必要となるため、入金のタイミングによっては資金繰りが悪化する原因となり、黒字倒産をしてしまうこともあります。

  • 期待した効果が出ない設備投資

通常、設備投資は投資によって生み出されるキャッシュフローを想定し、生み出されるキャッシュフローの範囲内で返済をすることを条件に金融機関の借入れを行います。しかし、想定したキャッシュフローを生み出すことができなかった場合は金融機関への返済が難しくなり、資金繰りが悪化します。

  • 返済可能額を超える借入れ

一般的に「1年間の借入返済可能額=減価償却費+税引き後純利益」と言われています。
金融機関などからの借入れが返済可能額を超えている場合、余裕資金がないと資金繰りが悪化する原因となります。

資金繰りを改善するための基礎知識

資金繰りを改善するためには、まず経営者が中心となって資金繰りに意識を振り向けることです。会社の資金を円滑にまわすことは経営者の仕事です。他人任せにすることなく、必ず経営者が主体的に資金繰り業務を実行するようにしましょう。

資金繰りを改善する上で意外に効果が高いのが、入金と出金のタイミングのズレをなくすことです。売掛金は支払い期限をできる限り短くし、買掛金は支払い期限をできる限り長くすれば入金前に支払いが発生することを回避し、資金繰りを楽にしてくれるはずです。
資金繰りを見える化するためにも資金繰り表は必ず作成するようにしてください。今後の資金需要を把握できるため、予め資金を融通するといった対策が取れるようになります。

資金繰りを軽視する経営者は少なくありません。製品開発やプロモーションといった自分が得意な領域に時間を費やし、ついつい資金繰りをないがしろにしてしまうことも多いのではないでしょうか。しかし、適切な資金繰りなくして事業の継続は成り立ちません。経営の醍醐味は資金繰りにあるといっても過言ではないでしょう。

同じキーワードを含む
記事を探す

香川 大輔(かがわ だいすけ)
この記事は私が書きました
香川 大輔(かがわ だいすけ)さん

1974年大阪府生まれ。2015年4月中小企業診断士登録。製薬会社の医薬品分析やベンチャー企業での勤務を経て、ITベンダーで提案型のシステム営業として勤務、数多くのシステム提案実績を持つ。現在は企業内診断士として、地域に根差した経営支援や執筆活動、セミナー講師の他、アナリストとして企業レポートの分析や執筆も行っている。

キーワードから探す

トップに戻る