『パートナーズローン』利用者の声、大調査!【宿泊施設編】
衝撃的な資金調達で繁忙期の運営に成功

利用目的(資金使途)、パートナーズローンの利用を決めた理由、満足ポイント

愛犬と一緒に温泉旅館でくつろげたら…そんな願いを叶えるのが愛犬連れのお客様専用の高級旅館『鬼怒川 絆』『伊豆修善寺 絆』です。これらの宿では「お客様もその愛犬も何も我慢せずにラグジュアリーな空間でくつろぐ」という体験を提供し、高いクチコミ評価を獲得しています。そんな『絆』をはじめ、愛犬と泊まれる宿泊施設を5軒運営するのはベリークルーズ代表取締役の野村日狩さん。この夏に初めて『パートナーズローン』を利用し「衝撃を受けた」と振り返る野村さんに、お話を伺いました。

取材にご協力いただきました
株式会社ベリークルーズ

代表取締役 野村日狩(のむら ひかる)さんが経営する愛犬同伴専用宿泊施設。高級温泉旅館『鬼怒川 絆』『伊豆修善寺 絆』、海沿いのリゾートホテル『しごぶえ館山』『しごぶえ御宿海岸』、高原に建つ全室離れの『フェニックスウイング白馬』の5軒を運営。あらゆるロケーションで愛犬とともに過ごせる時間を提供している。

AI融資に対する興味があった

銀行と長いお付き合いがあった野村さんですが、『パートナーズローン』を使ってみようという気になったのは純粋な興味から。もともと「常にベストメンバーでおもてなしをするために月8~10日は休館する」など大胆なチャレンジをする野村さんは以前からAIによる融資審査に興味があり、『パートナーズローン』からのダイレクトメールを見たときに「リクルートが思いきったことをしたな」と関心を持ったそうです。ちょうど夏の繁忙期に向けて、スタッフの採用戦略や備品のメンテナンスなどの計画を立てるなかで「もう少し資金があれば」と思っていた時期だったこともあり、試してみることにしました。

借入れ体験は「衝撃的だった」

とはいえ、「本当にリクルートなのか」「本当に最短なのか」と半ば信じられない思いも持っていたという野村さん。ダイレクトメールが届いた2~3日後、夜中にウェブサイトにアクセスして必要事項を入力したものの「どうせ忘れた頃に連絡が来るんだろうな」と思っていたそうです。「審査を申込む」ボタンをクリックした“瞬間”に、審査結果(借入限度額と利率)が表示されたときは「信じられなかったし、衝撃的だった」と言います。素早く資金を調達できたためすぐに採用戦略を実行し、人員を増やす目処がついたおかげで備品のメンテナンスなど夏のお客様を迎える準備にスムーズに取り掛かることができ、この夏の繁忙期を無事終えることができました。

台風で受けた被害の修復が急務

以前に千葉県を襲った台風15号は、野村さんが経営する『しごぶえ館山』と『しごぶえ御宿海岸』にも被害をもたらしました。その際、差し入れを持ってきてくださったお客様、コールセンターに「お金を使いに行った方が良いか、それとも行くのは遠慮した方が良いか」と電話してくださったお客様など、多くの方の温かさに触れたそうです。「今後は被害を受けた箇所を修復し、そんなお客様に恩返ししていきたい」と言う野村さんは、その相棒として今後も『パートナーズローン』に期待しているということです。

同じキーワードを含む
記事を探す

Yuna Park(ユナ・パク)
この記事は私が書きました
Yuna Park(ユナ・パク)さん

教材・結婚情報誌の編集・企画業務を経て、サンフランシスコのUXデザインコンサルティング会社で社内外のコンテンツマーケティングの統括責任者を務めた経歴を持つ。現在は独立しライター・マーケティングコンサルタントとして活動中。

キーワードから探す

トップに戻る