thumbnail

ビジネスローンとは? 特徴と賢い選び方を解説

予定外の資金繰りに頭を抱える経営者は多く、もしもの時に備えて経営資金を確保する方法を確認しておくことは大切です。資金繰りの方法はいくつかありますが、今回はビジネスローンを活用した方法をお伝えします。

ビジネスローンとは?

ビジネスローンとは、法人経営者や個人事業主を対象とした無担保ローンのことを言います。
ビジネスローンのことを「商工ローン」や「事業ローン」と表現する場合もありますが、どちらもビジネスローンのサービス内容と大きな違いはありません。

  • 商工ローン

主に銀行融資を受けることができなかった企業が商工ローンを利用していました。銀行の融資審査はかなり厳しく、融資を受けるためには安定した業績が必要になります。そのため、中小企業が無担保で利用できる商工ローンが存在していました。

  • 事業ローン

法人経営者だけでなく、個人事業主や副業で事業を行っている会社員でも融資を受けることができるほど“事業”を広く設定しているのが事業ローンの特徴です。詳しくは後述しますが、事業ローンは総量規制の対象外なので、事業用資金として融資を受けられる点がメリットとして挙げられます。
副業として事業を行っている会社員が事業ローンを利用しているのは、総量規制の対象外という点が魅力的なためと推測できます。

ビジネスローンの特徴

  • 資金使途自由

ビジネスローンの資金使途は事業用に限定されていますが、事業用であれば用途は問わないという特徴がありますので、運転資金や事業拡大の資金、設備投資の費用など幅広く利用することができます。
民間の金融機関等の一般的な融資サービスも資金使途を問わないと思っている方が多いのですが、実は事業用資金としての使用を禁止しています。

  • 総量規制の対象外

利用目的が制限されていることはデメリットのように感じられるかもしれませんが、実はそのおかげで総量規制の対象から除外されています。
総量規制とは貸金業法に規定されている制度で、消費者が無理な借入れを行って破産してしまうのを防ぐため、年収などを基準にその3分の1を超える貸付けを原則禁止しています。しかし、事業用資金として融資を受ける場合は例外として総量規制にかかわらず借入れを行うことができます。
ただし、借入額自体はそのまま借入残高に算入されるので、借入残高が総量規制の基準を超えてしまった場合は、「除外貸付け」や「例外貸付け」を除いた他の借入れが利用できなくなるので注意が必要です。

  • 担保や保証人を必要としない場合がある

一般的に融資を受ける際は担保の提供や保証人契約が必要です。しかし、ビジネスローンは担保か保証人が不要、もしくはそのどちらも不要で融資を受けられる場合があります。会社によって申込みの条件は異なりますので、ご自身の条件に合う会社を選びましょう。

  • 融資までが早い(最短即日融資が可能、審査が早い)

こちらもサービス提供会社によって異なるという前提があるものの、最短で申込んだその日に融資が受けられる場合があります。従来の審査では、店舗で融資の申込みを行い、信用情報や決算情報の書類を提出した後に、決定権を持つ担当者が審査を通すことが一般的でした。
しかし、現在では後述する「スコアリングシステム」を導入したことで審査の可否が機械的に処理できるようになりました。その結果、決定権を持つ人間が審査を行う必要がなくなったので、「30分審査」や「即日融資」が可能になったのです。

  • スコアリングシステム

スコアリングシステムとは、クレジットカードの発行や融資の審査サービスを効率化するために導入されたシステムのことを言います。統計的モデルに基づいた一定のロジックにより、さまざまな情報をもとに個人あるいは企業の信用度を点数化(スコアリング化)することで、コンピューターへ自動与信の権限を与えるという仕組みです。

ビジネスローンを利用する際の注意点

  • 銀行に比べて金利が高い

公的機関や銀行と比べて審査が通りやすいことがビジネスローンの特徴として挙げられますが、銀行が融資を行わなかった方に対しても融資を行うという貸し手のリスクもあり、金利が高めに設定されています。
サービス提供会社によって異なりますが、一般的には銀行以上、消費者金融以下の金利が適用されるので、計画的なご利用をおすすめします。

  • 銀行に比べて借入限度額が低い

銀行ではおよそ3,000万円や5,000万円、なかには1億円を限度に融資している場合もありますが、ビジネスローンの利用限度額はおよそ500万円~1,000万円が一般的です。
ビジネスローンはあくまで事業の運転資金を得るまでのつなぎや、資金が足りない部分を補う目的として利用することをおすすめします。
また一方で、毎月の返済が1万円や10万円からでも良いので、返済の負担が少ないという見方もできます。

  • 事業計画書や決算書、収入証明書が必要な場合が多い

ビジネスローンではスコアリングシステムを導入している会社も多いことから、オンラインで申込みから融資までを済ませることが可能な場合が多いです。ですが、スコアによる審査が重要視されるため、その補完資料として事業計画書や決算書などを提出する必要があります。
法人経営者については目安として2期分の決算書の提出を求められるので、ビジネスローンを利用する場合は事前に準備しておきたいところです。

個人事業主についても同様で、決算書の代わりに所得証明書の提出が必要な場合があります。所得税の申告の際に使用した書類を準備しておきましょう。

ビジネスローンの選び方

実際にビジネスローンを利用するなら、自分が求める条件と合致した会社の融資を受けたいものです。それぞれのサービスの違いを把握するためのポイントを理解しておきましょう。

  • 審査スピード

融資が開始されるまでのスピードは会社によって異なりますので、自分が事業を続けている中で、もしものことが起きた場合に早く事業資金を融資してくれる会社を選びたいですよね。
申込みから2~3週間程度かかる会社もあれば、「最短即日融資」が可能な会社もあります。なお、「最短即日融資」が売りの会社については、事前にスコアを登録しておくことが条件とされている場合があるので覚えておきましょう。

  • 法人・個人利用の可否

個人事業主にサービスを限定している会社もあるので、事前に確認しておきたいところです。法人と個人事業主のどちらもローンを利用できる会社が一般的ですが、なかには法人のみを対象としている会社もあります。

  • 金利

利用する会社によって金利が異なるので、意識して融資を受ける場所を選びましょう。ビジネスローンの一般的な相場は「銀行以上、消費者金融以下」の金利です。

  • 来店の要否

オンライン上で申込みを済ませられるビジネスローンも増えていますが、融資申込みの際に実際に店舗まで行かなくてはいけない場合もあります。来店型の融資サービスだと「書類を準備の上でお越しください」とアナウンスされることが多く、審査が完了するまでに時間がかかる恐れがあるため、早く融資を受けたい時にはあまりおすすめできません。

急な資金繰りなら『パートナーズローン』が最適

ここまではビジネスローンを選ぶ際に意識したいことをお伝えしましたが、選択肢の一つとして、リクルートが提供する『パートナーズローン』はいかがでしょうか。
『パートナーズローン』は招待制の法人向け融資サービスですが、最低限の必要書類を準備することで融資申込みが完結するため「最短即日融資」が可能で、急な資金繰りに対応しています。必要書類も紙での提出ではなくWEBアップロードであり、忙しい経営者の方にぴったりのサービスです。

ビジネスローンは突発的に発生したトラブル等の急な資金ニーズに対応できるサービスです。「借入れにかかる金利」と「融資までのスピード」を理解し、事業資金の使いどころをしっかりと見極め、事業をうまく継続する一つの方法として検討してみてはいかがでしょうか。

同じキーワードを含む
記事を探す

中西雅也(なかにし まさや)
この記事は私が書きました
中西 雅也(なかにし まさや)さん

2級ファイナンシャルプランニング技能士。酒井FP総合事務所/お金工房わなび所属。ファイナンシャルプランナーとして活動する中で、暮らしに役立つお金の知識を発信したいと感じ、フリーランスのWebライターとしても活動。「明日から使えるお金の知識をお届けすること」をモットーに、わかりやすい言葉を用いたお金の勉強会を開催している。

キーワードから探す

トップに戻る