thumbnail

非正規社員を正社員化するなら絶対使いたい!
キャリアアップ助成金とは?

キャリアアップ助成金は、雇用促進のために国が行っている助成制度の一つです。パートやアルバイトなどの非正規社員を正社員にする予定がある事業者にとっては、見逃せない助成金と言えます。今回はキャリアアップ助成金の概要やこの制度を利用する際の注意点などについてご紹介します。

キャリアアップ助成金は7つのコースに分かれる

キャリアアップ助成金は、パートやアルバイトなど、非正規雇用労働者の地位や処遇を向上し、企業内キャリアアップを促進するための助成金です。
非正規雇用労働者には、有期契約労働者、短時間労働者、派遣労働者のほか、外国人労働者も含まれます。用意されているコースは以下の7つです。

キャリアアップ助成金7つのコース

キャリアアップ助成金を活用すると、事業主は一定額の助成金を受け取ることができ、従業員はスキルアップややる気の向上につながるなどのメリットがあります。さらに、従業員の質が向上することで企業全体のレベルを高めることにもつながるでしょう。

「正社員化コース」と「それ以外のコース」の受給までの流れ

キャリアアップ助成金は「正社員化コース」と「それ以外のコース」で、受給までの流れが若干異なります。それぞれの流れは以下の通りです。

正社員化コースの受給までの流れ
それ以外のコースの受給までの流れ

キャリアアップ助成金申請時の注意点

キャリアアップ助成金には、いくつか注意点もあります。

一つは、それぞれのコースの実施日までに、キャリアアップ計画書の提出をしておく必要があることです。
キャリアアップ計画書とは、大まかな取り組み内容(対象となる従業員やその管理者、目標や期間、事業主が実施する内容や目的等)を記載したものです。後から変更することも可能ですが、条件を満たしただけでは受給できないので注意しましょう。キャリアアップ計画書は、厚生労働省の公式サイトからダウンロードが可能です。

また、キャリアアップ助成金を受給するには以下の支給対象条件を満たす必要があります。

支給対象事業主(全コース共通)

このほか、キャリアアップ助成金は、3親等以内は支給対象に含まれないことにも注意しましょう。

実際の助成金受給にあたっては、綿密な調査が行われます。支給条件を満たしていることに加え、法令を順守し、受給を目的に従業員を雇用するなどの不正を働こうとしないことも大切です。

キャリアアップ助成金で受給できる金額はどのくらい?

キャリアアップ助成金は複数のコースがありますが、例えば「正社員化コース」が適用される場合、実際にどれくらいの金額を企業は受け取ることができるのでしょうか。

正社員化コースは、契約社員・パートタイマー・アルバイト等に対し計画された実習型訓練を受講させ、修了した場合に正社員に転換もしくは直接雇用した場合に助成金を受給することができます(但し、雇用される以前の雇用期間が6カ月以上の方が対象になるなどの条件はあります)。

受給金額は有期から正社員への雇用の場合は57万円、さらに生産性の向上が認められる場合は72万円になります(中小企業以外の場合は受給できる金額が異なります)。雇用形態によっても受給額は異なりますが、事業主にとってメリットの大きい制度であることがお分かりいただけるでしょう。

キャリアアップ助成金は、非正規雇用労働者がいる事業主にとってメリットの大きい制度です。受給にあたっては計画書の提出や支給要件を満たす必要がありますが、助成金を活用することが企業全体の成長にも効果的と考えられます。この機会にぜひ活用を検討してみてはいかがでしょうか。

同じキーワードを含む
記事を探す

山本勧(やまもと すすむ)
この記事は私が書きました
山本 勧(やまもと すすむ)さん

不動産会社に5年勤務後、会計事務所に勤める。現在は独立し、フリーライターとして活躍。主に不動産関係やお金についての記事をメインで執筆。

キーワードから探す

トップに戻る