thumbnail

プロに聞いた、10万円から叶える
飲食店のお悩み別部分リフォーム

店舗リフォームにはいくつかのタイミングがあります。お店を経営する上で様々な問題が生じてきたとき、大きなコストをかけずとも店舗の一部をリフォームすることで解決・好転する可能性も。
今回は、飲食店の施工実績が豊富な株式会社セットアップ代表の豊岡博志さんに、予算がなくてもすぐに着手できる部分リフォームについて教えてもらいました。
※費用は工事の状況によって変わります

取材にご協力いただきました
豊岡博志(とよおか ひろし)さん

株式会社セットアップ 代表取締役社長
2000年の創業以来、商業施設・オフィス・住宅・文化施設展示会におけるインテリア・エクステリア空間の施工を手がける。営業・デザイン・設計管理・施工監理そして自社制作まで各専門スタッフによりトータルで進行する事で、よりスピーディーでコストパフォーマンスの高い施工を実現。
店舗の設計やリフォームに関する相談はこちらから。

リピーターが定着しないなら、フロアの不具合を探ってみる

集客が思うようにいかないのは、料理の質や味ではないところに原因が隠れている場合も。例えば、室温や臭いといったフロアの不具合に、自分たちでは意外と気づかないものです。まずは、お客様目線で不快なところはないかを探ってみましょう。思いきってお客様に直接聞いたり、アンケートをとったりするのも一つの手です。

  • 空調

お客様が快適な時間を過ごすために、店側は常に気を配る必要があります。「席によって温度にムラがある」「直接エアコンの風が当たる」、これだと落ち着いて食事を楽しめません。
空調機器を新調しなくても、シーリングファンやサーキュレーター、風よけカバーの設置やクリーニングで解決できれば、10万円以内に抑えられます。

  • トイレ

リピート客の滞在時間が短くなったら、トイレ環境を一度見直してみましょう。特に女性客は化粧直しもするため、清潔さを重要視します。
便器の交換だけであれば、20万円程度から可能です。老朽化が進んでいるのであれば内装工事も含めて50万円以上かかることもありますが、積極的に検討したいところです。

参考事例:写真左 約30万円 和式便器から洋式便器への交換。洗面台交換、配管工事、内装工事費含む
写真右 約46万円 洗面台の什器製作含む
施工:株式会社セットアップ

ターゲット層の来店が少ないなら、内装を見直してみる

「ターゲットを絞って内装を考えている飲食店は繁盛している」と豊岡さんは言います。来てもらいたい客層と、お店の内装イメージが合っているのかを見直してみましょう。お店の顔になる外観や内装全体をリフォームするとなると費用もそれなりにかかってきますので、まずは以下の3点を検討してみましょう。

  • 看板(サイン)

ターゲット層の入店を誘う重要な役割を果たすのが看板です。「遠くからも目立つ」視認性だけでなく、「業種と価格帯」がロゴデザインでも表現されていることが大切です。
種類によっては10万円未満から製作できます。既存の撤去費用や設置条件を確認し、店舗の外装に合った看板を選びましょう。

  • 照明

照明は「開店前に思っていたイメージと違う」ということがよくあるため、調光機能があり角度の調整が可能な器具を使用することがポイントです。
壁に写真や絵を飾り、照明の当て方を工夫するだけでも店内の印象を変えることができます。既存の照明器具の口金が対応できるなら、思いきってLED電球に変更するとランニングコストを削減することもできます。

  • テーブルと椅子

狙い通りの客単価になっていないのであれば、テーブルと椅子の配置や高さも見直したいところです。既製品を利用すればコストは抑えられますが、食事時に必ず目にするテーブルだけをオリジナルで製作するのも効果的です。実現したい内装イメージに合わせて、素材や色、形にこだわればお店のシンボルとしても機能します。

参考事例:約130万円 W1000×D4200×H720。老朽化に伴い「お店の印象を変えたい」というオーダーのもと製作。無垢の質感にこだわった天板は栗材3枚接ぎ、脚は木工下地+黒革鉄板。椅子は既存のものを利用
施工:株式会社セットアップ

部分リフォームした場合、どうしても古い部分が気になりだして他もやりたくなる人が多いそうです。ここでは、既存部分にあまり影響のないリフォーム箇所を紹介しました。
まずは、現状の課題をしっかり認識した上でリフォーム計画に着手しましょう。

同じキーワードを含む
記事を探す

高山 しのぶ(たかやま しのぶ)
この記事は私が書きました
高山 しのぶ(たかやま しのぶ)さん

美術大学卒。デザイン職を経て、輸入玩具を扱う専門商社と教育系出版社で幼児向けサービス・商品開発やマーケティング業務に従事。現在は、デザイン・サービス開発を通して培った“聞き取り力”を武器に、業界を問わず幅広いテーマでライター・エディターとして活動中。

キーワードから探す

トップに戻る